2018年4月23日更新

平成31年度 雲雀丘学園小学校入試関係日程
学校説明会
&体験授業など
5/19(土)
 教育講演会  6/3(日)
授業公開 6/15(金)
 入試体験会
&個別相談会
 6/23(土)
 入試説明会  8/4(土)
願書配布 《A日程》 例年6月頃から
《B日程》 例年10月頃から
願書受付 《A日程》 9/5(水)〜9/7(土)
《B日程》 例年1月
保護者面接 《A日程》 9/14(金)〜9/21(土)
《B日程》 入試当日
入学試験 《A日程》
外部幼稚園男子 9/29(土) 午前
外部幼稚園女子 9/29(土) 午後
内部幼稚園男女 9/30(日) 午前

《B日程》 2/2(土) 午前

合格発表 《A日程》 10/3(水)速達郵送
《B日程》2/3(日) 速達郵送
入学手続き 《A日程》10/4(木)〜10/6(土)
《B日程》 2/4(月)〜2/5(火)
新1年生招集 10/20(土) 専願での合格者のみ
2/16(土) 全入学予定者
公開行事 運動会 5/27(日)
夏祭り 7/21(土)

総合発表会 10/27(土)
※正式な日程や詳細は学校のHP等で必ず御確認下さい。
雲雀丘学園小学校ホームページ

 平成30年度 雲雀丘学園小学校入試の状況
平成29年10/1(日)に外部幼稚園(午前が男子、午後が女子)、10/2(月)に内部幼稚園のA日程入試が行われました。B日程入試は平成30年2/3(土)に行われました。
A日程入試では、少なかった昨年以上の少ない志願者数でした。B日程入試も厳しい入試ではありませんでした。
当教室では、今年も最終的には全員合格の嬉しい結果となる入試でした。
(当教室の合格者人数はこちらです。他塾と比較される際は受験者数や実際に通っていた人数も含めて比較する様にして下さい。)
平成30年度の志願者数と合格者数と入学者数(A・B日程)
下表の志願者などの数は当教室が独自で調べた人数になります。
A日程 B日程 合計
内部幼稚園 外部幼稚園
志願者数
65名
(男子31,女子34)
99名
(男子41,女子58)
14名 178名
合格者数 不明 不明 不明 不明
入学者数 56名 75名 13名 144名
(募集135名)
志願者全体の専願率:内部幼稚園78.8%、外部幼稚園73.2%
入学者全体の専願率:内部幼稚園89.3%、外部幼稚園86.4%
保護者面接では、校長先生と教頭先生との面接で、質問内容も傾向通りでしたが、変わった内容としてモニターで4コマ漫画を見ての質問がありました。
考査に関しては例年通りの傾向で、雲雀丘入試の特徴がよく出ている幅広い内容でした。詳細に関しては、配布資料や入試ファイルを御覧下さい。


<面接>
考査とは別日程で保護者のみ約5分の面接が行われます。校長先生と教頭先生との面接です。

<A日程考査>
ペーパーも多く出題されますが、具体物を操作したり、口頭で答えたりする個別試問での出題が中心になります。
お話の記憶
○知識
○言語
○数量
○図形
○位置
○系列
○間違い探し
○推理
○長さ比較
○実験
○指示行動
○口頭試問
○瞑想
○お手伝い
○歌
○リズム打ち
○絵画
○運動(かけっこ,平均台,ボール移動,ジャンプ,行進など)
○グループ行動

※数名〜10数名のグループに分かれて数箇所の教室を移動しながら行われます。

 平成29年度 雲雀丘学園小学校入試の状況
平成28年10/2(日)に外部幼稚園(午前が男子、午後が女子)、10/3(月)に内部幼稚園のA日程入試が行われました。B日程入試は平成29年2/4(土)に行われました。
A日程入試では、ここ数年の中では志願者が最も少ない年になり、B日程入試も昨年程の厳しい入試ではありませんでした。教室でもクラス在籍者は、最終的には全員合格の嬉しい結果となる入試でした。雲雀丘の全員合格は久しぶりです。
(当教室の合格者人数はこちらです。)
平成29年度の志願者数と合格者数と入学者数(A・B日程)
下表の志願者などの数は当教室が独自で調べた人数になります。
A日程 B日程 合計
内部幼稚園 外部幼稚園
志願者数
70名
(男子34,女子36)
120名
(男子55,女子65)
12名
(男子4,女子8)
202名
合格者数 不明 不明 10名 不明
入学者数 55名 79名 10名 144名
(募集135名)
志願者の専願率:内部幼稚園75%(A日程のみ74%)、外部幼稚園69%(A日程のみ60%)
入学者の専願率:内部幼稚園96%、外部幼稚園85%
保護者面接では、校長先生と教頭先生との面接で、質問内容も傾向通りでしたが、例年と異なる部分として、一般人が詠んだ俳句に関する質問も多くの保護者に尋ねられていました。
考査に関しては例年通りの傾向で雲雀丘入試の特徴がよく出ている幅広い内容でした。詳細に関しては、配布資料や入試ファイルを御覧下さい。


<面接>
考査とは別日程で保護者のみ約5分の面接が行われます。校長先生と教頭先生との面接です。

<A日程考査>
ペーパーも多く出題されますが、具体物を操作したり、口頭で答えたりする個別試問での出題が中心になります。
お話の記憶
○聞き取り(家族探し)
○言語(しりとり など)
○知識(動物、果物、野菜、季節)
○数量(同数,多い少ない など)
○図形(具体物を使った同図形探し)
○系列
○推理(絵の規則性)
○長さ比較(曲がった2本の線)
○口頭試問(ものの名称,共通点説明 など)
○瞑想
○実験(素材の異なる物を触り判断)
○お手伝い(4種類の片付け)
○歌(童謡を一人で歌う)
○リズム打ち(タンバリンを使ったリズムの真似)
○絵画(模写,形を使った絵)
○運動(かけっこ,平均台,くま歩き,ジャンプ,行進)
○グループ行動(新聞紙を使ってボールを運ぶゲーム)
 など

※10数名のグループに分かれて数箇所の教室を移動しながら行われます。
 平成28年度 雲雀丘学園小学校入試の状況
平成28年度入試も10月上旬のA日程と1月末のB日程、2つの日程で入試は行われました。
A日程入試では前年同様、“専願者は外部幼稚園でも優遇”でしたが、専願者も得点がボーダーラインに満たない者は内部幼稚園、外部幼稚園に関係なく不合格となっています。志願者総数は前年度とほとんど同じでしたが、専願者が優遇される為に併願者にとっては厳しい入試になっています。B日程入試に関しては大変厳しく、過去最高になる16倍の実質倍率でした。B日程入試に関しては附属池田小合格などで辞退した人数を補充する為に設けられている入試ですので、年度によって枠の数にばらつきがあり、倍率も大きく異なります。
(当教室の合格者人数はこちらです。)
平成28年度の志願者数と合格者数と入学者数(A・B日程)
下表の志願者などの数は当教室が独自で調べた人数になります。
A日程 B日程 合計
内部幼稚園 外部幼稚園
志願者数
83名
(うち専願約70名)
124名
(うち専願約90名)
16名 223名
(専願162、併願61)
合格者数 不明 不明 1名 不明
入学者数 68名
(うち専願66名)
75名
(うち専願62名)
1名 144名
(専願128、併願16)
保護者面接では、校長先生と教頭先生との面接で、質問内容も傾向通りでしたが、例年と異なる部分として、親と子に関する格言(親は子供の鏡である など)に関する質問も多くの保護者に尋ねられていました。
考査に関しては例年通りの傾向で、雲雀丘入試の特徴がよく出ている幅広い内容でした。詳細に関しては、配布資料や入試ファイルを御覧下さい。


<面接>
考査とは別日程で保護者のみ約5分の面接が行われます。校長先生と教頭先生との面接です。

<A日程考査>
ペーパーも多く出題されますが、具体物を操作したり、口頭で答えたりする個別試問での出題が中心
知識(昆虫、動物、花、月など)
○聞き取り(お話の記憶)
言語(文字、動詞など)
数量(多い少ない、同数など)
図形(逆さまの形)
系列
大きさ比較
○お話作り
○間違い探し
○数詞
○瞑想
○実験(コマ)
○お手伝い(配膳や豆掴みなど)
○音楽(童謡の唄、リズム打ち)
○絵画(模写、想像画)
○グループ行動(グループで紙飛行機作り)
○運動(サーキット、かけっこ、行進、くま歩き) など

※10数名のグループに分かれて数箇所の教室を移動しながら行われます。


 平成27年度 雲雀丘学園小学校入試の状況
平成27年度入試も10月上旬のA日程と1月末のB日程、2つの日程で入試は行われました。
昨年度までの入試とは異なり、外部幼稚園の志願者も専願と併願の区別が行われた初めての入試でした。前年よりも志願者が多く、全ての専願者が優遇されましたので、特に併願の志願者にとっては厳しい入試となりました。B日程の入試も2倍以上の倍率となり、厳しい状況での入試でした。詳細に関しては直接教室でお尋ね下さい。
(当教室の合格者人数はこちらです。)
平成27年度の志願者数と合格者数と入学者数(A・B日程合計)
下表の志願者数は当教室が独自で調べた人数になります。
内部幼稚園 外部幼稚園 合計
志願者数
72名
(専願55、併願17)
154名
(専願98、併願56)
226名
合格者数 63名 113名 179名
入学者数 57名
(専願50、併願7)
87名
(専願65、併願22)
144名
保護者面接では、校長先生と教頭先生との面接で、質問内容も傾向通りでしたが、例年と異なる部分として、「親の心子知らず」など子どもに関する諺からの質問もほとんどの保護者に尋ねられました。
考査に関しては例年通りの傾向で、雲雀丘入試の特徴がよく出ている内容でした。詳細に関しては、配布資料や入試ファイルを御覧下さい。


<面接>
考査とは別日程で保護者のみ約5分の面接が行われます。校長先生と教頭先生との面接です。

<A日程考査>
ペーパーも出題されますが、具体物を操作したり、口頭で答えたりする個別試問での出題が中心
知識(生物、季節、野菜、影)
言語
○聞き取り(お話の記憶)
数量
長さ比較
図形
色系列
推理
○音
○歌、リズム打ち
○口頭試問
○瞑想
○生活習慣
○お手伝い
○絵画(模写、想像画)
○グループ行動
○運動(サーキット、かけっこ、行進、ボールつき) など

※10数名のグループに分かれて数箇所の教室を移動しながら行われます。


 平成26年度 雲雀丘学園小学校入試の状況
平成26年度入試もA日程は10月上旬、B日程は2月上旬に行われました。
昨年度の入試は、A日程もB日程も最近では厳しい入試(特にB日程は競争倍率10倍の厳しさ)でしたが、今年度の入試は、A日程もB日程も志願者は例年ほど多くはなく、他校に合格した為の合格辞退者も例年より多く、A日程もB日程も厳しさの少ない入試だったと言えます。詳細に関しては直接教室でお尋ね下さい。
(当教室の合格者人数はこちらです。)
平成26年度の志願者数と合格者数と入学者数
下表の志願者数は当教室が独自で調べた人数になります。
内部幼稚園 外部幼稚園 合計
志願者数
(A・B日程合計)
67名
(男子28、女子39)
142名
(男子69、女子73)
209名
合格者数 不明 不明
入学者数 50名 85名 135名
保護者面接は、例年と大きく変わる事もなく、校長先生と教頭先生との面接で、質問内容も傾向通りでした。
考査も昨年度と同様の形で行われました。傾向も例年通りで、雲雀丘入試の特徴がよく出ている内容でした。詳細に関しては、配布資料や入試ファイルを御覧下さい。


<面接>
考査とは別日程で保護者のみ約5分の面接が行われます。校長先生と教頭先生との面接です。

<A日程考査>
ペーパーも出題されますが、具体物を操作したり、口頭で答えたりする個別試問での出題が中心
知識(天気、季節、生物))
言語
○聞き取り(お話の記憶)
数量
実物比較
図形
色系列
実験
○歌、リズム打ち
○口頭試問
○瞑想
○箸(生活習慣)
○絵画
○グループ行動
○運動 など

※10数名のグループに分かれて数箇所の教室を移動しながら行われます。


 平成25年度 雲雀丘学園小学校入試の状況
平成25年度入試も昨年同様に10月上旬にA日程の考査が行われ、B日程入試は2月上旬に行われました。
内部幼稚園も外部幼稚園もB日程も志願者が増え、ここ数年の中では厳しい入試だったと言えます。特に外部幼稚園からの受験では1.8倍の競争倍率(数字上)で、他の私学と比べても志願者が多く、倍率の高い人気校です。また、今年のB日程入試は驚く程の厳しい状況で競争倍率は10数倍でした。詳細に関しては直接教室でお尋ね下さい。
(当教室の合格者人数はこちらです。)
平成25年度の志願者数と合格者数と入学者数
下表の志願者数は当教室が独自で調べた人数になります。
A日程 内部幼稚園 A日程 外部幼稚園 B日程 合計
志願者数
82名
(男子33、女子49)
164名
(男子77、女子87)
31名 277名
合格者数 81名 107名
(B日程合格者は3名程)
188名
入学予定者数 73名 71名 144名
保護者面接は、2年目の校長先生と今年度から教頭になられた先生との面接でしたが、傾向が大きく変わる事もなく、今までと同じ形で行われました。
考査は、昨年度は変更点が多くありましたが、今年度は昨年度と同様の形で行われました。傾向も例年通りで、雲雀丘入試の特徴がよく出ている内容でした。詳細に関しては、配布資料や入試ファイルを御覧下さい。


<面接>
考査とは別日程で保護者のみ約5分の面接が行われます。校長先生と教頭先生との面接です。

<A日程考査>
ペーパーも出題されますが、具体物を操作したり、口頭で答えたりする個別試問での出題が中心
知識(虫と季節、花)
言語
数量
実物比較
図形
色系列
実験
記憶
生活体験(常識)
○歌、リズム打ち
○口頭試問
○瞑想
○箸
○絵画
○グループ行動
○運動 など

※10数名のグループに分かれて数箇所の教室を移動しながら行われます。


 平成24年度 雲雀丘学園小学校入試の状況
平成24年度入試では、例年よりも1ヶ月以上早い10月上旬にA日程の考査が行われ、昨年同様にB日程入試も2月上旬に行われました。考査日(A日程)も今までは3日間設けられていましたが、平成24年度入試では1日目の午前に外部幼稚園男子、午後に外部幼稚園女子、2日目の午前に内部幼稚園男女と、考査は2日間で行われ、考査時間も短縮される形となりました。
内部幼稚園からの志願者数は昨年とあまり変わらなかたものの、外部幼稚園からの志願者が増え、B日程の志願者も増えた為、昨年よりも志願者総数は増えました。平成24年度入試でも多くの学校の志願者が減少する中、志願者が増えている学校の1つになりますので、相変わらずの人気校と言えます。
雲雀丘学園の2つの幼稚園からの専願者は“内部進学”という形で入試において優遇されますが、外部幼稚園からの受験者(専願・併願の区別なし)は、厳しいのが現状です。受験者や追加合格の状況なども教室で説明出来ますので、お知りになりたい方は直接お尋ね下さい。
平成24年度の志願者数と合格者数と入学者数
下表の志願者数は当教室が独自で調べた人数になります。
A日程 内部幼稚園 A日程 外部幼稚園 B日程 合計
志願者数 73名
(男子29、女子44)
154名
(男子82、女子72)
26名
(男子16、女子10)
253名
合格者数 66名
(B日程含む)
131名
(B日程含む)
←A日程の欄 197名
入学予定者数 62名
(B日程含む)
84名
(B日程含む)
←A日程の欄 146名

保護者面接は、新しい校長先生の面接という事もあり、例年よりも質問内容は多岐に渡りました。考査時間は、例年よりも短くなりましたが、内容が大きく変わる事はなく、例年通りの傾向でした。雲雀丘の入試では、ペーパーも出題されていますが、具体物を操作したり、口頭で答えたりする形式が中心になります。詳細に関しては、配布資料や入試ファイルを御覧下さい。


<面接>
考査とは別日程で保護者のみ約5分の面接が行われます。校長先生と教頭先生との面接です。

<A日程考査>
○知識(鳥・虫・葉・季節)

○言語

○比較
○図形
○系列
○実験
○指示行動
○歌
○リズム
○口頭試問
○道徳
○お絵描き(想像画・模写)
○グループ行動
○運動 など

※10数名のグループに分かれて教室を移動しながら行われます。


 平成23年度 雲雀丘学園小学校入試の状況
平成22年11月中旬にA日程、平成23年2月上旬にB日程の入試が行われました。雲雀丘でAとBの2つの日程を設け入試が行われたのは初めての事です。
内部幼稚園からの志願者数は昨年より増加したものの、外部幼稚園からが減少した為、A日程とB日程を合計しても過去最近で最も少ない志願者数となっています。これは雲雀丘に限った事ではなく、今年度に関してはほとんどの私立小で同様の事が言えます。
雲雀丘学園の2つの幼稚園からの専願者は“内部進学”という形で入試において優遇されますが、外部幼稚園からの受験者(専願・併願の区別なし)は、内部幼稚園からの受験者より厳しいのが現状です。実際の受験者や追加合格の状況なども教室で説明出来ますので、お知りになりたい方は直接お尋ね下さい。
(当教室の合格者人数はこちらです。)
平成22年度の志願者数と合格者数と入学者数
下表の志願者数は当教室が独自で調べた人数になります。(正式公表の数字ではありません)
A日程 内部幼稚園 A日程 外部幼稚園 B日程 合計
志願者数 78名 123名 19名 220名
合格者数 76名 80数名 不明 179名
入学者数 内部幼稚園72名
外部幼稚園72名        
144名
面接も考査も例年通りの傾向でした。雲雀丘の入試では、ペーパーも出題されていますが、具体物を操作したり、口頭で答えたりする形式が中心になります。
<面接>
考査とは別日程で保護者のみ約5分の面接が行われます。校長先生と教頭先生との面接です。

<A日程考査>
(詳細に関しては資料や教室に置いてある入試内容ファイルを御覧下さい。下記の内容は簡単にまとめたものです。)
○知識(花・生物・食べ物)

○系列

○比較
○図形
○お手伝い
○常識
○実験
○言語
○リズム
○歌
○口頭試問
○お絵描き・巧緻性
○グループ行動
○運動 など

※6〜8名のグループに分かれて教室を移動しながら行われます。


 平成22年度 雲雀丘学園小学校入試の状況
平成21年11月中旬、例年通りの日程で雲雀丘の入試が行われました。
今年度は昨年度以上に多くの私立小で志願者が減少しましたが、雲雀丘もトータルの志願者数は減少しています。
内部幼稚園は専願者は優遇されるシステムですので、男女ともにほとんどの子が合格を頂いているようです。外部幼稚園女子に関しては、女子の志願者が例年よりも少なかった事もあり、今年度に関しては厳しくなかった状況と言えると思います。逆に外部幼稚園男子に限っては、志願者が少なくなかった事や内部優遇などのシワ寄せがくる形で昨年以上の厳しい状況だったと言えます。下表には載せませんが、実際の受験者数なども教室で説明出来ますので、お聞きになりたい方は直接御連絡下さい。
(当教室の合格者人数はこちらです。)
平成22年度の志願者数と合格者数と入学者数
下表の志願者数は当教室が独自で調べた人数になります。
内部幼稚園 外部幼稚園 合計
志願者数 67名
(男子42,女子25)
161名
(男子86,女子75)
228名
合格者数 64名 96名 160名
入学者数 62名 82名 144名
面接も考査も例年通りの傾向でした。雲雀丘の入試では、ペーパーも出題されていますが、具体物を操作したり、口頭で答えたりする形式が中心になります。
<面接>
考査とは別日程で保護者のみ約5分の面接が行われます。校長先生と教頭先生との面接です。

<考査>
(詳細に関しては資料や教室に置いてある入試内容ファイルを御覧下さい。下記の内容は簡単にまとめたものです。)
○季節や植物や昆虫に関する知識

○しりとり

○系列
○長さの比較
○図形
○積木
○常識・道徳
○実験
○リズム
○歌
○口頭試問
○お絵描き
○グループ行動
○昔遊び

○運動 など

※10名程度のグループに分かれて教室を移動しながら行われますが、途中で数名に分かれたり、1人ずつで試問が行われたりします。
 平成21年度 雲雀丘学園小学校入試の状況
平成20年11月に例年通りの日程で雲雀丘の入試が行われました。
今年度は京阪神の多くの私立小で志願者が減少しましたが、雲雀丘の志願者の人数は“例年並”と言えます。
外部幼稚園からの受験は、内部幼稚園が優遇される事もあり、毎年厳しい状況になりますが、特に今年度は女子よりも男子の方が志願者が多く厳しかった様に感じています。
詳細に関しては、お母さん教室や配布資料などでも説明致します。(当教室の合格者人数はこちらです。)
平成21年度の志願者数と合格者数と入学者数
下表は学校が正式に公表している人数になります。
内部幼稚園 外部幼稚園 合計
志願者数 80名 193名 273名
合格者数 74名 86名 160名
入学者数 76名 68名 144名
面接も考査も例年通りの傾向でした。雲雀丘の入試では、ペーパーも出題されていますが、具体物を操作したり、口頭で答えたりする形式が中心になります。
<面接>
考査とは別日程で保護者のみ約5分の面接が行われます。校長先生と教頭先生との面接です。

<考査>
(詳細に関しては資料や教室に置いてある入試内容ファイルを御覧下さい。下記の内容は簡単にまとめたものです。)
○自然や科学に関する知識

○お話の記憶
昔話
○系列
○量や長さの比較
○リズム
○歌
○推理
○お手伝い・躾
○実験
○数
○図形
○口頭試問
○お絵描き
○グループ行動
○運動 など

※10名程度のグループに分かれて教室を移動しながら行われますが、途中で数名に分かれたり、1人ずつで試問が行われたりします。


平成20年度 雲雀丘学園小学校入試の状況
平成19年11月中旬、平成20年度の雲雀丘小入試も例年通り行われました。
昨年度と比べて内部幼稚園からの志願者が少なかったものの外部幼稚園からの志願者が多かった為、志願者総数は昨年とほぼ同数となりました。近隣に話題の新設校が開校される為、その影響も考えられましたが、雲雀丘の人気に変わりはなかったと言えます。
内部幼稚園の専願者は点数で優遇されますので、かなり有利となるのは毎年の事ですが、外部幼稚園からの受験では男子も女子も厳しくなるのが現状です。(不合格者の大半は外部幼稚園からの受験者です。)

平成20年度の志願者数と合格者数と入学者数
下表の志願者数は、当教室独自で調べた数字です。
内部幼稚園 外部幼稚園 合計
志願者数 男子38名
女子39名
男子96名
女子93名
266名
合格者数 72名 88名 160名
入学者数 70名 74名 144名
面接も考査も例年通りの傾向でした。雲雀丘の入試では、ペーパーも出題されていますが、具体物を操作したり、口頭で答えたりする形式の出題が中心になります。
<面接>
考査とは別日程で保護者のみ約5分の面接が行われます。校長先生と教頭先生との面接です。
(内容に関しては詳しくまとめ、教室内で配布致します。)

<考査>
(詳細は既に配布している資料や教室に置いてある入試内容ファイルを御覧下さい。下記の内容は簡単にまとめたものです。)
○花や魚や季節に関する知識

○常識
○系列
○長さや広さの比較
○楽器とリズムの聞き取り・歌
○指示行動
○お箸
○お手伝い
○実験
○巧緻性
○音を聞いての推理
○口頭試問
○お絵描き
○協調性
○運動 など

※10名程度のグループに分かれて教室を移動しながら行われますが、途中で数名に分かれたり、1人ずつで試問が行われたりします。


平成19年度 雲雀丘学園小学校入試の状況
平成18年11月中旬、平成19年度の雲雀丘小入試も例年通り行われました。
昨年よりも内部幼稚園も外部幼稚園も志願者は増加しており、雲雀丘の人気は今年も高かったと言えると思います。毎年の事ですが、内部幼稚園の専願者は、内部進学という形で優遇されますので、どうしても外部幼稚園からが厳しい状況での入試になります。
内部幼稚園からも不合格者が数名いると聞いておりますが、不合格者の大半は外部幼稚園からの受験者となっています。
詳細に関しては、お母さん教室や配布資料などでも説明致します。

平成19年度の志願者数と合格者数と入学者数
下の表は、学校から正式に公表されている人数になります。
内部幼稚園 外部幼稚園 合計
志願者数 97名 167名 264名
合格者数 87名 73名 160名
入学者数 81名 63名 144名
面接も考査も例年通りの傾向でした。雲雀丘の入試では、ペーパーも出題されていますが、具体物を操作したり、口頭で答えたりする形式の出題が中心になります。
<面接>
考査とは別日程で保護者のみ約5分の面接が行われます。校長先生と教頭先生との面接です。
(内容に関しては詳しくまとめ、教室内で配布致します。)

<考査>
(詳細は既に配布している資料や教室に置いてある入試内容ファイルを御覧下さい。下記の内容は簡単にまとめたものです。)
○昆虫や野菜や季節に関する知識

○しりとり
数・パズル
○系列
○折り紙
○楽器に関する聞き取り・歌
○実験・実演
○紐の長さ比較
○指示行動
○口頭試問
○お手伝い
○色塗り
○協調性
○運動 など

※10名程度のグループに分かれて教室を移動しながら行われますが、途中で数名に分かれたり、1人ずつで試問が行われたりします。




 平成18年度 雲雀丘学園小学校入試の状況
平成17年11月中旬、雲雀丘小の入試が例年通り、外部幼稚園男子、外部幼稚園女子、内部幼稚園男女に分かれて行われました。
多かった昨年より、内部幼稚園も外部幼稚園も志願者は減少していますが、昨年が特別に多かっただけで、今年度は例年並の志願者数と考えていいと思います。
雲雀丘の場合、男子と女子はほぼ同数ずつ合格者を出していると思われますので、外部幼稚園からの受験では、特に男子が厳しかった様に感じております。内部幼稚園からの受験(専願の場合は優遇措置があります)は、昨年程の厳しい状況ではなかった様です。詳細に関しては、お母さん教室や配布資料などでも説明致します。
平成18年度の志願者数と合格者数と入学者数
下の表は、学校から正式に公表されている人数になります。
内部幼稚園 外部幼稚園 合計
志願者数 84名 154名 238名
合格者数 81名 79名 160名
入学者数 77名 67名 144名
面接も考査も例年通りの傾向でした。雲雀丘の入試では、ペーパーも出題されていますが、具体物を操作したり、口頭で答えたりする形式の出題が中心になります。
<面接>
考査とは別日程で保護者のみ約5分の面接が行われます。校長先生と教頭先生との面接です。
(内容に関しては詳しくまとめ、教室内で配布致します。)

<考査>
(詳細は既に配布している資料や教室に置いてある入試内容ファイルを御覧下さい。下記の内容は簡単にまとめたものです。)
○知識
問題
○聞き取りの問題
数の問題
○系列の問題
○パズル・図形の問題
○広さ・長さの比較問題
○実験・実演
○生活態度の問題
○常識の問題
○口頭試問
○絵画
○リズム・歌
○協調性
○運動 など

※10名程度のグループに分かれて教室を移動しながら行われますが、途中で数名に分かれたり、1人ずつで試問が行われたりします。


goko72.htmlへのリンク